故障車買取をしてもらえるのか

経年劣化などにより自動車が故障して動かない、となった場合、大抵の方は廃車処理をしようとするのではないでしょうか。しかしボディーやフレームがほとんど無傷なら、廃車にはせずに車買取業者に買い取り依頼をしたほうがいい場合が多いようです。

海外の発展途上国では日本製の故障車や不動車などを修理して再び使えるようにしています。日本製の自動車はボディー自体が軽くて丈夫で、フレームが無事なら中の部品や備品を交換・修理すれば十分使用できるそうです。

日本では車全体を流通させることができなかったものでも、海外に輸出され、現地で修理されて今なお現役で活躍している中古の日本車は少なくありません。

したがって故障したり、動かなくなったりした車を廃車処理して、いたずらにスクラップを増やすよりは、リサイクルの観点に立って、車買取業者に依頼して査定してもらったほうが地球環境のためにもいいことなのです。また車買取を選んだことで思わぬ収入を得ることができるかもしれません。

車買取金額から諸費用は引かれるのか

車買取の依頼をして査定してもらい、査定金額が算出されました。そこで少し疑問に思うことがありました。その査定金額から手数料などの費用が差し引かれて、手元には査定金額より少ないお金が戻ってくるのではないかという疑問です。

基本的に車下取りの時のように手数料や諸費用は査定金額から差し引かれることはないそうです。しかし中小の車買取業者だと、人件費などとして費用を査定金額から差し引くこともあるそうです。

車を査定してもらった後に諸費用として査定金額から引かれてしまっては、もしかしたら別の業者のほうが手元に返ってくるお金は多かったかも、などと後悔してしまうかもしれません。したがって査定金額から諸費用が差し引かれるのかどうかを業者に確認しておいたほうがいいでしょう。

のちのち悔やまないためにも、大事にしていた車を売るわけですから、しっかりと確認されることを強くおすすめします。また「別の車買取業者はそんなことはない」とアピールするのもひとつの手です。

廃車買取をしてもらえるのか

車を廃車として処理する場合、永久抹消あるいは一時抹消という登録をしますが、自動車リサイクル料や解体費などの手数料・費用がかかります。そのため最近では車買取業者に廃車手続きを依頼する方が増えているそうです。

理由としては、やはり諸手続きが繁雑で面倒だということが挙げられます。車買取業者に依頼すれば廃車手続きも代わりに行ってくれるので手続きなどの時間を持てない方には業者に依頼することをおすすめします。

また車買取業者に依頼すると、車種や車の状態によっては思いがけないような価格で買い取ってくれる場合があります。車全体の流通が無理でも、解体されて部品として売買されたり、スクラップにして鉄のかたまりとして売ったり、海外だと壊れたままでも十分流通できる可能性があるのです。

業者に依頼をかけると廃車も買い取り査定してくれます。ほとんどが無料で査定してくれるようなので、いろいろな業者に依頼をかけてみて、納得できて信頼できる業者を見つけてみてはどうでしょうか。

事故車買取をしてもらえるのか

車を売却する際に、その所持している車が『事故車』だった場合、買い取ってもらえるかどうか心配だと思います。基本的には事故車でも車買取してもらえるようです。

そもそも事故車とはどんなものでしょう。中古車市場では、交通事故や災害などで車の骨格(フレーム)が曲がるなどの欠陥が発生したもの、また骨格を修復したことがある車を『事故車』と定義しています。つまり修復歴がある車はほとんど事故車と見ていいでしょう。

したがって「バンパーをこすった」「テールランプカバーを割った」「側面にポールを巻き込んだ」程度の破損状況などでは事故車とみなされないことになります。車買取の査定を受ける際にも「こすった」「割った」程度では、事故車として扱われることはまずありません。

しかし本当に事故車だった場合は、その旨を車の査定士の方に必ず申告しておきましょう。なるべく初めから正直に申告しておくことで査定士の方も車買取がしやすくなりますし、心証も良くなるので査定に響きにくくなります。

改造車買取をしてもらえるのか

車を売却しようと考える時に、もし車を改造していたら買取してもらえるだろうか、と思ったり悩んだりする方が、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。改造車買取というのはできるのでしょうか。

答えは「はい」です。改造している車は、下取りより車買取のほうが価格が高いケースが多いようです。もちろん違法改造などはもってのほかな話しですが、改造してあるから査定金額が低くなるということはないそうです。

ただし改造していると車全体を中古車市場に流通させるというのは困難である場合があります。いわゆる個人専用のカスタムカーなので、中古車市場では売れ残る可能性が高いのです。よってだいたいの場合、部品が重要視されることが多いです。

改造車に使用されているパーツやオプション品などは、中古部品市場で需要の高いものであることが多いため、もし改造車買取をしてもらおうと考えている場合は、パーツやオプション品を大切に扱って、きれいに使用していると高額査定になる可能性が高くなります。

車買取と車下取りの違い

車が動かなくなった、買い替えたいなどで車を処分することになった場合、車買取と車下取りと似たような言葉を聞いてどちらにしようか迷ってしまうことがあります。このふたつには明確な違いがあるのです。

下取りは新しい車を購入することが前提にあり、新しく車を購入した店舗に今までの車を引き取ってもらうことです。この場合、同じ店舗で購入と引き取りの手続きをすることができます。また、下取り価格を新しく買った車の購入金額から値引きしてもらえることがほとんどです。

車買取とは原則として車を手放すことです。しかし乗り換えなどでも買い取りを希望する方が増えています。査定が入り、売却契約が成立すれば車を手放し現金を手に入れることができます。基本的に買い取り専門の店舗があり、そこで車を売却します。

車買取も車下取りも、どちらも良し悪しがあります。手間は少しかかるかもしれませんが、車を買い替える場合も買い取りしたほうが下取り値引きより安く新しい車が手に入ることがあります。

登録時に説明文を確認の上、エントリーを。

情報が飛び交う時代に我々は生きています。車買取の為にWeb上より一括データー・エントリーを実施した瞬間から、私と私の愛車の情報があらゆる切り口で検索されてデーターとなります。お金を生む情報データーとして自分自身が関知しない場所で売買されている事は紛れも無い事実です。

ネット上のWebから車買取を一括データー・エントリーしたユーザーたちは、本当に理解しているのでしようか。登録時に説明文を確認の上、エントリーを実施する様に促されているという事も又、事実ですが説明文を全て理解してデーター・エントリーしているとは思えません。自分自身を含めてですが。

あくまでも、データー・エントリーを実施しているのは、自分自身である事を考えると、エントリーしたデーターがどの様に取り扱われるかは、’エンターキー‘を押した時点から相手の裁量に掛かってしまうという事も事実であす。安易にWebを使ってのデーター・エントリーをする事の重要性を再度考えてみる事が必要だと思うのです。

買い替えの時も車買取業社から見積りを!

今でも新車へ乗り換える時に、ディーラーに下取り車両として下取ってもらうケースが多いようです。先日友人がエコカーに乗り換えていました。以前所有していた車の事を尋ねてみると、下取りに出したとの事でした。注文した車の納期が数ヶ月先との事で、新車の納車までの足として必要な為と”ただ面倒だから”という理由により、車買取業社には見積もり依頼をしなかったのだということでした。なぜならば、新車の納期が数ヶ月先とかなりの期間、古い車を使用しなければならなかったから。

それでも車買取業社に見積依頼をすれば事前に買い取り価格の確認が取れて良いと思うのですが。友人いわく、“多少の金額の差は全然関係ない。”という事でした。新車購入時の下取り価格は、“ゼロ”との事で、値引きもほんの数万円程度で新車を購入したということでした。何とも太っ腹と申しましょうか?

私は今の時代でも尚、下取りに出す愛車の値段に無頓着な人々がいまだにいるという事に改めて関心したのです。車買取業社に査定させたうえで適正価格に近い金額での下取りを実施してもらった方がもっと良かったのではないかと内心思ったのですが口にはしませんでした。

車買取業社の中古車市場の凄さ。

愛車で走行していると幹線道路沿いには、ラジオCMなどで良く耳にする大型車買取業社が数社見受けられます。当然の事として、車買取した中古車を販売しているわけです。買い取った中古車を整備して直ぐに販売する事がこの会社の事業形態でしょう。実際に新規入庫車なるプレートを付けた展示車をよくみかけます。

ある幹線道路沿いの大型買取店の看板に一日の入荷台数が六百台と書いてありました。会社全体の買取台数でしょうか?道沿いの店舗をよく見ても整備工場の様な施設はあまり見受けられないのです。誰かから車買取して仕入れた車を、誰かに直ぐに売るという事でしょうか。ただ、自分自身が中古車を買うという事になった場合には、後々の整備の事を考えるとなかなかすぐ買えるものではない事も事実だと思います。

また、車の整備の事を考えると永いお付き合いをする事になると思います。今は、車の整備をガソリンスタンドや町の整備工場、大型カーショップで済ませる方法もあるのかもしれませんが、私としてはやはりカーショップに愛車の整備を依頼する事にはいささかの抵抗があります。

車買取条件もなかなか厳しい?

新車への入替えではなく、やむを得ず愛車を手放す事になった場合には、仮に五年くらい乗った車であるなら車の価値など初めから“ゼロ”と思って車買取業者に依頼する事です。メーカーや車の車種や年式、走行距離によっては車買取業社から廃車費用を請求される場合もあるという事を覚悟して望むべきであると思います。

現在では、愛車が人気の車種・色などの好条件であったとしても、高年式・高走行距離の悪条件の場合には人気車といえどもこちらが希望する車買取金額を付けてもらうのは難しい事です。しかし、売却せずに愛車を所有し続ける事に対してもかなりの費用が発生する事も事実です。税金や自動車保険、駐車場の費用等は必要経費として発生するし、愛車の整備も必要です。愛車を売却するかそれとも所有し続けるかは自分自身の問題ですが、所有し続けるためにはかなりの維持費を覚悟する必要があります。

仮に愛車が新車同然にリニューアルされた人気車種である場合には高年式であっても車買取業者としては、魅力の珍品車としての価値を認めてくれる場合もあるとは思うのだが。